前へ
次へ

損害賠償の請求は時効がある

被害者にとっては、身体のダメージのみならず、精神的なショックの方が大きいようです。
そうした苦しみは正直な話、当事者にしか計り知れないもの、そんな時に私たち周りができるのは損害賠償についてリサーチしたり、弁護士を探してあげることです。
今、裁判所以外でも費用をかけず、自分に合ったやり口で手続きや請求が行えます。
相手と顔を合わせたくない、そうした心境を察することも可能です。
中には、損害賠償が認められた後、数回の支払いがあったものの、その後、延滞していたり、引渡しを拒むケースもあるようです。
請求額に不満がないにしても、支払われないなら不安しか残りません。
もちろん、必ず受け取れる保証はないのも法律の難しい点です。
どうしても、相手に支払い能力がない場合もあるので、そうした場合には保証人を立てることや、給料の差し押さえや不動産差し押さえなどの強制執行という流れになります。
そうしなければ、時効もあるので、早め早めに行動しましょう。
相手について知っているなら、その時効は3年といわれています。

色彩のプロ棟方志功
時代にあわせた色を使用し魅了する絵を残しています

倉庫 大阪
用途に応じた最適な物件をご紹介!大阪・京都・兵庫の不動産情報はオレンジホームへ

油絵から板画まで対応
棟方志功のものならなんでも取扱しています

加害者に対し、私たちが損害賠償の要請をするなら、内容証明郵便の送付ができます。
その先の交渉などは解決が難しくなるケースも少なからずあるので、訴訟に踏み切ることも視野に入れ、弁護士を立てましょう。
また、集団訴訟を起こす方法も有りです。
心強く、力強い、被害者の団結力がウリです。
損害を受けた被害者が集まるのですが、SNSなどで仲間を探すケースもあるようです。
請求するために必要となるのは、証拠集め、という法律家がいます。
例えば、加害者の情報として、どこに勤めているのか、連絡先なども必要です。
具体的な被害に関する状況は口答よりもメモや写真、動画などが決定打になり得るようです。
証拠になり得る書類は、探偵事務所、病院などからも集めることができます。
弁護士や裁判官、保険会社や警察など、当事者以外が確認してもその損害が判断できるものであることがポイントです。

Page Top