前へ
次へ

損害賠償で感情的になるのは禁物

損害賠償する時は、感情は要注意です。
感情的になってしまうと、悪い結果に転んでしまう可能性があるからです。
何かトラブルがあった時には、相手に賠償金を請求する事もあります。
ただ状況によっては、損害賠償のお金がスムーズに支払われない事もあるので、注意が必要です。
なぜスムーズに支払われないかというと、上述の感情です。
人によっては、やや感情が高ぶってしまう事があります。
感情的になってしまうと、聞く耳を持たなくなってしまう傾向があります。
いったん話を聞かない状態になると、相手と示談交渉するのも難しくなるでしょう。
ですから相手の感情を逆なでしないよう、十分注意する必要があります。
その点が気になる時は、専門家に相談してみるのも悪くありません。
そもそも当事者同士で交渉に臨むと、感情的になりやすいからです。
しかし専門家という第三者に入ってもらいますと、相手も冷静に対応してくれるケースも多いです。
ですから交渉する時は、まず専門家に話をしてみると良いでしょう。

Page Top